スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪というのは、その名前の通り体内に蓄積された脂肪のことで、つく場所によって区別されています。


体脂肪・・・あなたは大丈夫ですか?ダイエットをして体重は減ったのに、体脂肪率が変わっていないようなら、ダイエットの方法を見直す必要があります。ダイエット、簡単に言うな!と言いたい気持ちはわかります。
体脂肪もつく場所によって皮下脂肪と内臓脂肪に分けられますが、見た目を左右しているのは皮膚の下につく皮下脂肪ですね。
体脂肪=悪者というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。元来、体脂肪は私たちが栄養分を蓄えておくためになくてはならないものだったのです。
また、体脂肪の原因として脂肪細胞の数があります。特に乳児期や思春期には脂肪細胞が増えやすく、一度増えた脂肪細胞は減ることがないので、やせるのが難しくなるのです。
体脂肪が付く原因としては、食事の摂り過ぎや運動不足があります。つまり、摂取エネルギーに比べて消費エネルギーが少ないと体脂肪に変わるのです。
では、体脂肪が体に付くのは何が原因なのかについても考えてみたいと思います。通常、脂肪分の多い食品を食べることで体脂肪が増えると思われていますが、それだけではありません。
体脂肪はそう簡単には減りませんが、まず自分の体脂肪率を知ることから始めましょう。もし、あなたの体重が60kgで体脂肪率が30%なら、18kgの脂肪が付いているということです。
体脂肪率を計るには、時間帯にも気をつけましょう。食事をしたばかりや、激しい運動をした後では正しい数値は出ません。また、毎日同じ時間に計ることが大切です。
見た目にはわからない、内臓脂肪が多い場合は注意が必要です。メタボリックシンドロームと言われ、様々な病気の原因になるため治療の対象になります。
体脂肪を落とす運動なら、ウォーキングなどの有酸素運動が良いとされています。ただし、それだけではなく筋肉を増やす運動をすることで基礎代謝量も上がり食べても太らない体を作ることができるのです。
体脂肪を落とすためのサプリメントとしては、Lカルニチンがあります。この成分が不足すると脂肪が燃焼しにくくなるため、外から補ってあげるのです。
ダイエットの最大の敵であるリバウンドは、極度な食事制限が原因になります。体内に栄養が入ってこないと体が非常事態だと認識して脂肪を蓄えておこうとします。そして筋肉をエネルギーに変えていくので、結果として基礎代謝が少ない体になってしまうのです。

スポンサーサイト
 

体脂肪というのは、その名前の通り体内に蓄積された脂肪のことで、つく場所によって区別されています。


体脂肪なんて関係ないと思っていた人でも、ある程度の年齢になるとお腹周りについたお肉がなかなか落ちなくなったりするものです。
体脂肪を落としたいというと、一般的には皮膚の下に付いている皮下脂肪のことを指しているようですが、皮下脂肪は内臓脂肪に比べて付きやすく落ちにくいという特徴があります。
体脂肪は落とせばよいというものでもありません。栄養分を蓄えたり、ホルモンを分泌して食欲を調整したり、代謝の調節をするという大切な役割もあるのです。
また、食事の時間が規則正しくないと、体が次はいつエネルギーが入ってくるかわからないため、体脂肪として蓄えておこうとします。
体脂肪が増えてしまうのは、エネルギーの消費量より摂取量が多い場合に、脂肪細胞に余ったエネルギーが蓄えられることが原因になります。ですから、自分に必要な食事の量を知っておくことが必要なのです。
では、体脂肪が体に付くのは何が原因なのかについても考えてみたいと思います。通常、脂肪分の多い食品を食べることで体脂肪が増えると思われていますが、それだけではありません。
肥満かどうかは、見た目だけではわからないので体脂肪率を計ることが大切です。標準の体脂肪率は男性と女性によって違いますが、それぞれ10~20%と20~30%と言われます。
体脂肪率は、体重とちがって計測時の体の状態によって数値が変動します。ですから、多少のちがいに一喜一憂せずに、継続して計ることが必要です。
見た目にはわからない、内臓脂肪が多い場合は注意が必要です。メタボリックシンドロームと言われ、様々な病気の原因になるため治療の対象になります。
体脂肪を燃やす運動というと、ウォーキングなどの有酸素運動ですが、食べても太らない体を手に入れるには適度が筋肉をつけて基礎代謝を上げるようにすると寝ている間にも脂肪を燃焼できるようになります。
脂肪燃焼をサポートするサプリメントしてはLカルニチンがあります。体内で合成される成分ですが、年齢と共に少なくなるので補ってあげます。ただし、1日の摂取量を守ることと、妊娠中は服用しないようにしましょう。
肥満解消をしようとして、必要以上に脂肪摂取を制限すると、脂肪に含まれるビタミンAやコエンザイムQ10などが不足しますし、亜鉛やミネラルも足りなくなりがちなので、バランスの良い食事を心がけましょう。

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。