スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪はそう簡単には減りませんが、まず自分の体脂肪率を知ることから始めましょう。もし、あなたの体重が60kgで体脂肪率が30%なら、18kgの脂肪が付いているということです。


体脂肪を減らしたい・・・。ダイエットというと、体重を落とすというイメージでしたが、最近は体脂肪に注目している人が増えました。
体脂肪には、皮下脂肪、内臓脂肪、血中脂肪などがありますが、ダイエットをしている女性が落としたいのは皮下脂肪でしょう。
体脂肪の中でも内臓脂肪は加齢によってつきやすくなります。特に女性は更年期が過ぎる頃から増加する傾向があります。
よく、学生時代にラグビーをやっていたという男性が会社に入ったとたんに太ってしまうのは、運動量が減っているのに食べる量が変わっていないことが原因です。
体脂肪は、脂肪分の多い食事だけでなく、糖分を摂り過ぎる事も原因になります。お米や菓子類が多い食事のパターンの人は注意が必要です。
では、体脂肪は何が原因で体に蓄積していくのでしょう?一般的に脂肪分を多く摂ることで体脂肪が増えると思われていますが、必ずしもそれだけではありません。
体重が変わらなくても、実は筋肉が落ちて変わりに脂肪がついていたということもありますから、ダイエットは見た目よりも体脂肪率に気をつける必要があります。
体脂肪率を計るためには体脂肪計を使います。電気抵抗を使って計るので、見た目にはわからない、隠れ肥満も発見することができます。
見た目が細いのに、体脂肪率が高い人で気を付けなければいけないのは内臓脂肪です。これはメタボリックシンドロームの原因で様々な病気を引き起こすことになります。
体脂肪を落とすには、適度な食事制限に運動を加えることが大切です。心拍数を抑えて長めに体を動かす有酸素運動で脂肪を燃やすことができます。手軽なところではウォーキングや自転車などですね。
脂肪燃焼をサポートするサプリメントしてはLカルニチンがあります。体内で合成される成分ですが、年齢と共に少なくなるので補ってあげます。ただし、1日の摂取量を守ることと、妊娠中は服用しないようにしましょう。
体脂肪を落とそうとして、過度な食事制限をするのは止めましょう。脂肪よりも先に筋肉が落ちるので、カロリーを消費しない体になってしまいます。その状態で食事量を元に戻すと当然ながらリバウンドになるわけです。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。