スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

有酸素運動と合わせて、体脂肪を落としやすくするサプリメントを使うことも有効です。例えば、唐辛子などに含まれるカプサイシンは天然のダイエットサプリメントとしてお勧めです。


体脂肪とうまく付き合っていますか?ダイエットをするのにもやみくもに体重を減らせば良いというわけではありません。ポイントは体脂肪です。
体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、皮下脂肪は内臓脂肪に比べて蓄積しやすく落ちにくいので、厄介なものです。
体脂肪は落とせばよいというものでもありません。栄養分を蓄えたり、ホルモンを分泌して食欲を調整したり、代謝の調節をするという大切な役割もあるのです。
また、体脂肪の原因として脂肪細胞の数があります。特に乳児期や思春期には脂肪細胞が増えやすく、一度増えた脂肪細胞は減ることがないので、やせるのが難しくなるのです。
体脂肪が付く原因には、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスがくずれることがあります。1日に必要なカロリー以上に、摂取カロリーが上回ると消費しなかった分が体内に蓄積されて体脂肪になるのです。
では、体脂肪が体に付くのは何が原因なのかについても考えてみたいと思います。通常、脂肪分の多い食品を食べることで体脂肪が増えると思われていますが、それだけではありません。
体脂肪はそう簡単には減りませんが、まず自分の体脂肪率を知ることから始めましょう。もし、あなたの体重が60kgで体脂肪率が30%なら、18kgの脂肪が付いているということです。
体脂肪計を使って体脂肪を計るには、姿勢に気をつけることが大切です。当然ながら素手、素足で計測するのですが、服もなるべく薄着にします。また、足で測るタイプの場合は計測中に足踏みをしないようにします。
体脂肪の中でも気を付けなければいけないのは内臓脂肪です。よく言われるメタボリックシンドロームというのは、内臓脂肪が増えた状態で高脂血症や動脈硬化など様々な病気の原因になります。
体脂肪を燃やす運動というと、ウォーキングなどの有酸素運動ですが、食べても太らない体を手に入れるには適度が筋肉をつけて基礎代謝を上げるようにすると寝ている間にも脂肪を燃焼できるようになります。
体脂肪を落とすためのサプリメントとしては、Lカルニチンがあります。この成分が不足すると脂肪が燃焼しにくくなるため、外から補ってあげるのです。
体脂肪を落とそうとして、無理な食事制限をすると、脂肪よりも先に筋肉がエネルギーとして使われます。結果として基礎代謝が落ち、カロリーを消費しない体になってしまうのです。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。