スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

太っているかどうかは、見た目よりも体脂肪がどれだけついているかを知ることが大切です。体脂肪率は、男性で10~20%、女性で20~30%が標準体型と言われています。


体脂肪・・・あなたは大丈夫ですか?ダイエットをして体重は減ったのに、体脂肪率が変わっていないようなら、ダイエットの方法を見直す必要があります。ダイエット、簡単に言うな!と言いたい気持ちはわかります。
体脂肪には、皮下脂肪、内臓脂肪、血中脂肪などがありますが、ダイエットをしている女性が落としたいのは皮下脂肪でしょう。
体脂肪のうち皮下脂肪が女性に多いのは、体を冷やさないようにするためや、母乳のエネルギー源としての役割があるためです。
また、体内の脂肪細胞のサイズは中年になると大きくなりやすい傾向にあります。中年太りは運動量の低下と脂肪細胞のサイズが原因と言えるでしょう。
体脂肪が増えてしまうのは、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ってしまうことが原因になります。余分なエネルギーが内臓の周囲や皮下の脂肪細胞に蓄えられていくのです。
では、体脂肪が増えるというのは、ただ単に脂肪分の多い食品を食べることが原因になるのかというと、そうとも言えないようです。
体重が変わらなくても、実は筋肉が落ちて変わりに脂肪がついていたということもありますから、ダイエットは見た目よりも体脂肪率に気をつける必要があります。
体脂肪率は、測定する機器によって計測方法が違うため、測定値にも違いが出ます。ですから、同じ機器を使って計測を続けることが必要なのです。
見た目にはやせているようでも体脂肪率が高い言う人は、内臓脂肪が多い可能性があります。内臓脂肪が増えると高脂血症や動脈硬化を引き起こす原因になります。
体脂肪を落とすには、適度な食事制限に運動を加えることが大切です。心拍数を抑えて長めに体を動かす有酸素運動で脂肪を燃やすことができます。手軽なところではウォーキングや自転車などですね。
脂肪燃焼をサポートするサプリメントしてはLカルニチンがあります。体内で合成される成分ですが、年齢と共に少なくなるので補ってあげます。ただし、1日の摂取量を守ることと、妊娠中は服用しないようにしましょう。
体脂肪を落とそうとして、無理な食事制限をすると、脂肪よりも先に筋肉がエネルギーとして使われます。結果として基礎代謝が落ち、カロリーを消費しない体になってしまうのです。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。