スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪を落とすのに有効なのは有酸素運動です。ウォーキングや自転車なら、新しく道具を買うこともなく気軽に始められます。ポイントは無理をせずに、体質改善のつもりで気長に取り組むことです。


体脂肪を減らして、体重はそのままにしたい・・・。ダイエットをしている人でも、単にやせるのではなく、体脂肪を意識する人が多くなりました。
体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、皮下脂肪は内臓脂肪に比べて蓄積しやすく落ちにくいので、厄介なものです。
体脂肪は不要なもののような扱いをされていますが、実は大切な役割があります。皮下脂肪は、断熱効果が高いため体温を逃がさなくしており、特に女性が妊娠に備えて体を冷やさないようにするためには欠かせないものです。
また、体脂肪が付きやすい食事の仕方というのもあります。食事の時間がばらばらだったり、昼食を抜いたりという不規則なパターンだと、次にいつエネルギー源が入ってくるかわからないので、体が貯めておこうとするのです。
体脂肪は1日のうちで消費するエネルギーより取り入れるエネルギーが多いと、余分なエネルギーが脂肪細胞に蓄えられて増えていくのです。
それでは、体脂肪が体に増えてしまうのは、何が原因でしょうか?やはり、脂肪分の多い食事は体脂肪が付きやすくなりますが、それだけでもありません。
体重が変わらなくても、実は筋肉が落ちて変わりに脂肪がついていたということもありますから、ダイエットは見た目よりも体脂肪率に気をつける必要があります。
体脂肪率を計るときに気をつけることとして、多少数値が変わったからと言って一喜一憂しないということがあります。というのも、体脂肪はその日の体の状態によって変動しやすいためです。
見た目にはやせているようでも体脂肪率が高い言う人は、内臓脂肪が多い可能性があります。内臓脂肪が増えると高脂血症や動脈硬化を引き起こす原因になります。
体脂肪を燃やすためには有酸素運動が有効ですが、運動を始めると始めに筋肉中の糖分、次に血液中のブドウ糖がエネルギーとして使われて、脂肪が燃焼するまでは20~30分かかります。
運動と合わせて、サプリメントを利用することで脂肪燃焼の効果を高めることもできます。ビタミンBは糖分や脂肪をエネルギーに変える働きがありますが、体内に貯めておけないので不足しがちなのです。
肥満解消をしようとして、必要以上に脂肪摂取を制限すると、脂肪に含まれるビタミンAやコエンザイムQ10などが不足しますし、亜鉛やミネラルも足りなくなりがちなので、バランスの良い食事を心がけましょう。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。