スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

太っているかどうかは、見た目よりも体脂肪がどれだけついているかを知ることが大切です。体脂肪率は、男性で10~20%、女性で20~30%が標準体型と言われています。


「体脂肪を減らすことがダイエットでは大切」ということが広く認識されるようになりました。ただ単に体重を落とすのではなく、より健康的にやせるためにも体脂肪を意識するのは重要です。
体脂肪を落としたいというと、一般的には皮膚の下に付いている皮下脂肪のことを指しているようですが、皮下脂肪は内臓脂肪に比べて付きやすく落ちにくいという特徴があります。
体脂肪のうち皮下脂肪が女性に多いのは、体を冷やさないようにするためや、母乳のエネルギー源としての役割があるためです。
また、体内の脂肪細胞のサイズは中年になると大きくなりやすい傾向にあります。中年太りは運動量の低下と脂肪細胞のサイズが原因と言えるでしょう。
体脂肪が付く原因としては、食事の摂り過ぎや運動不足があります。つまり、摂取エネルギーに比べて消費エネルギーが少ないと体脂肪に変わるのです。
では、体脂肪は何が原因で体に蓄積していくのでしょう?一般的に脂肪分を多く摂ることで体脂肪が増えると思われていますが、必ずしもそれだけではありません。
体脂肪を落とすためには、まず自分の体脂肪率を知ることが必要です。男性で10~20%、女性で20~30%が標準と言われています。
体脂肪率を知るためには、体脂肪計を使用します。ただし、体脂肪計はメーカーや機器によって数値に違いがありますので、毎日同じ機器を使って継続的に計ることが大切です。
やせているように見えても体脂肪率が高い場合には、内臓脂肪が多いメタボリックシンドロームの可能性があるので注意が必要です。このままでは様々な成人病の原因になってしまいます。
体脂肪を落とすのに有効なのは有酸素運動です。ウォーキングや自転車なら、新しく道具を買うこともなく気軽に始められます。ポイントは無理をせずに、体質改善のつもりで気長に取り組むことです。
脂肪燃焼をサポートするサプリメントしてはLカルニチンがあります。体内で合成される成分ですが、年齢と共に少なくなるので補ってあげます。ただし、1日の摂取量を守ることと、妊娠中は服用しないようにしましょう。
運動をしないで、食事制限だけのダイエットは筋肉量が落ちてしまうため、ダイエットを止めて通常の食事量に戻した際にカロリーの摂取し過ぎの状態になります。これがリバウンドの原因ですね。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。