スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪率はある程度継続して計る必要があります。体重とちがって、その日の状態によって数値が変動するため、昨日より少ない数値が出ても実際は減っていなかったということもあるのです。


体脂肪・・・あなたは大丈夫ですか?ダイエットをして体重は減ったのに、体脂肪率が変わっていないようなら、ダイエットの方法を見直す必要があります。ダイエット、簡単に言うな!と言いたい気持ちはわかります。
体脂肪というのは、その名前の通り体内に蓄積された脂肪のことで、つく場所によって区別されています。
体脂肪=悪者というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。元来、体脂肪は私たちが栄養分を蓄えておくためになくてはならないものだったのです。
また、体脂肪が付きやすい食事の仕方というのもあります。食事の時間がばらばらだったり、昼食を抜いたりという不規則なパターンだと、次にいつエネルギー源が入ってくるかわからないので、体が貯めておこうとするのです。
体脂肪が付く原因は、炭水化物、脂質、たんぱく質などの栄養素を必要以上に摂ることにあります。
それでは、体脂肪はどのようにして私たちの体に付くのでしょうか?体脂肪は、一般的に脂肪分を食べることで増えると思われていますが、そうとも限りません。
肥満かどうかは、見た目だけではわからないので体脂肪率を計ることが大切です。標準の体脂肪率は男性と女性によって違いますが、それぞれ10~20%と20~30%と言われます。
体脂肪率を計るのは体脂肪計を使うわけですが、メーカーや形式によって多少数値に違いが出ます。また、計測するのは毎日同じ時間にすることがポイントです。これは体の水分や血流の状態が時間によって変わるためです。
見た目にはやせているのに、体脂肪率が高い人もいます。これは、最近注目されているメタボリックシンドロームで内臓脂肪型の肥満状態で様々な病気の原因になってしまいます。
体脂肪を落とすには、適度な食事制限に運動を加えることが大切です。心拍数を抑えて長めに体を動かす有酸素運動で脂肪を燃やすことができます。手軽なところではウォーキングや自転車などですね。
有酸素運動と合わせて、体脂肪を落としやすくするサプリメントを使うことも有効です。例えば、唐辛子などに含まれるカプサイシンは天然のダイエットサプリメントとしてお勧めです。
体脂肪を落とそうとして、極度な食事制限をするのは止めましょう。筋肉が落ちて、基礎代謝が少ない体になる上に、ストレスでドカ食いをしたらリバウンドをするのは当たり前です。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。