スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪を減らす必要があるかどうかは、見た目だけでなく体脂肪率がどれくらいあるかを見ます。また、BMIという体格指数を計算して、20%以上の場合は体脂肪を減らす必要があります。


体脂肪って不思議なものです。必ずしも見た目の体型と、体脂肪率は一致していないのです。
体脂肪を落としたいというと、一般的には皮膚の下に付いている皮下脂肪のことを指しているようですが、皮下脂肪は内臓脂肪に比べて付きやすく落ちにくいという特徴があります。
体脂肪はやみくもに落とせば良いというものではありません。例えば、皮下脂肪には女性が妊娠に備えて体を冷やさないようにしたり、授乳のためのエネルギー源としての役割があったりします。
特に、学生のころに体育会系だった人が、会社に入って運動はしなくなったのに食事量が変わらない場合は、顕著に体脂肪が増えてしまいます。
体脂肪は、脂肪分の多い食事だけでなく、糖分を摂り過ぎる事も原因になります。お米や菓子類が多い食事のパターンの人は注意が必要です。
では、体脂肪はどのようにして体に蓄積されるのでしょう?一般に知られているのは油っこいものを食べ過ぎると体脂肪が増えると思われているようですが、それ以外にも気をつけることがありそうです。
ダイエットに取り組む場合は、まず自分の体脂肪率を知ることが大切です。もしかしたら、あなたが思っているより太ってないかもしれませんし、その反対かも知れません・・・。
体脂肪率は、測定する機器によって計測方法が違うため、測定値にも違いが出ます。ですから、同じ機器を使って計測を続けることが必要なのです。
スリムに見えても、実は骨が細くて意外と脂肪が付いていたなんていうこともあります。また、気を付けなければいけないのはメタボリックシンドロームの原因にもなる内臓脂肪型の肥満です。
体脂肪を燃やすためには有酸素運動が有効ですが、運動を始めると始めに筋肉中の糖分、次に血液中のブドウ糖がエネルギーとして使われて、脂肪が燃焼するまでは20~30分かかります。
脂肪を落としやすくするサプリメントとして、マティンも人気があります。マティンは昔からマテ茶として飲用されて来ましたが、食事の前に摂ると食欲を抑え、脂肪の分解を助ける効果があります。
体脂肪を落とそうとして、無理な食事制限をすると、脂肪よりも先に筋肉がエネルギーとして使われます。結果として基礎代謝が落ち、カロリーを消費しない体になってしまうのです。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。