スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪の中でも内臓脂肪は加齢によってつきやすくなります。特に女性は更年期が過ぎる頃から増加する傾向があります。


体脂肪とうまく付き合っていますか?ダイエットをするのにもやみくもに体重を減らせば良いというわけではありません。ポイントは体脂肪です。
体脂肪というとすぐに思い浮かぶのは、皮膚の下に付く皮下脂肪ですが、それ以外にも内臓脂肪や血中脂肪などがあります。見た目に太ったというのは、皮下脂肪が付いた状態ですね。
体脂肪は悪者のように思われがちですが、実は大切な役割があるのです。男性に比べて女性に皮下脂肪が多いのは、妊娠に備えて体を冷やさないようにしたり、外からの衝撃から守ったりするためです。
また、体脂肪が増える原因として脂肪細胞の数が増えることと脂肪細胞のサイズが大きくなることがあります。特に中年になると脂肪細胞のサイズが大きくなりやすい傾向があります。
体脂肪が増えてしまうのは、エネルギーの消費量より摂取量が多い場合に、脂肪細胞に余ったエネルギーが蓄えられることが原因になります。ですから、自分に必要な食事の量を知っておくことが必要なのです。
それでは、体脂肪が体に付く原因を知っていますか?油っこいものを食べると体脂肪がつきやすいのは当然ですが、それだけでもなさそうです。
体脂肪はそう簡単には減りませんが、まず自分の体脂肪率を知ることから始めましょう。もし、あなたの体重が60kgで体脂肪率が30%なら、18kgの脂肪が付いているということです。
体脂肪率は、測定する機器によって計測方法が違うため、測定値にも違いが出ます。ですから、同じ機器を使って計測を続けることが必要なのです。
いわゆる「隠れ肥満」のタイプの人は自分の自覚がないため、注意が必要です。これ以上の脂肪を付けない様に、食生活や運動不足に気をつけましょう。
体脂肪を落とすには、適度な食事制限に運動を加えることが大切です。心拍数を抑えて長めに体を動かす有酸素運動で脂肪を燃やすことができます。手軽なところではウォーキングや自転車などですね。
脂肪を落としやすくするサプリメントとして、マティンも人気があります。マティンは昔からマテ茶として飲用されて来ましたが、食事の前に摂ると食欲を抑え、脂肪の分解を助ける効果があります。
肥満解消をしようとして、必要以上に脂肪摂取を制限すると、脂肪に含まれるビタミンAやコエンザイムQ10などが不足しますし、亜鉛やミネラルも足りなくなりがちなので、バランスの良い食事を心がけましょう。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。