スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪というとすぐに思い浮かぶのは、皮膚の下に付く皮下脂肪ですが、それ以外にも内臓脂肪や血中脂肪などがあります。見た目に太ったというのは、皮下脂肪が付いた状態ですね。


体脂肪って、いつのまにか付いているのに、落とすのには努力が必要でなかなかやっかいなものです。
体脂肪というのは、その名前の通り体内に蓄積された脂肪のことで、つく場所によって区別されています。
体脂肪=悪者というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。元来、体脂肪は私たちが栄養分を蓄えておくためになくてはならないものだったのです。
また、体脂肪が増える原因として脂肪細胞の数が増えることと脂肪細胞のサイズが大きくなることがあります。特に中年になると脂肪細胞のサイズが大きくなりやすい傾向があります。
体脂肪が増えてしまうのは、エネルギーの消費量より摂取量が多い場合に、脂肪細胞に余ったエネルギーが蓄えられることが原因になります。ですから、自分に必要な食事の量を知っておくことが必要なのです。
それでは、体脂肪が増えるのは何が原因になるのでしょう?通常は脂肪分の多い食品が体脂肪の原因になると考えられますが、実はそれだけでもないのです。
体脂肪を落とすためには、まず自分の体脂肪率を知ることが必要です。男性で10~20%、女性で20~30%が標準と言われています。
体脂肪率は、測定する機器によって計測方法が違うため、測定値にも違いが出ます。ですから、同じ機器を使って計測を続けることが必要なのです。
体脂肪の中でも気を付けなければいけないのは内臓脂肪です。よく言われるメタボリックシンドロームというのは、内臓脂肪が増えた状態で高脂血症や動脈硬化など様々な病気の原因になります。
体脂肪率を燃やすにはウォーキングなどの心拍数を抑えた運動を20分以上続けるようにします。目安としては話をしながら続けられる程度の強度です。
サプリメントを使って、効率の良いダイエットをするのも良いでしょう。天然成分のカプサイシンなどは脂肪燃焼を促進する働きがあるので、有酸素運動の効果も高まります。
運動をしないで、食事制限だけのダイエットは筋肉量が落ちてしまうため、ダイエットを止めて通常の食事量に戻した際にカロリーの摂取し過ぎの状態になります。これがリバウンドの原因ですね。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。