スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪を落とすには、適度な食事制限に運動を加えることが大切です。心拍数を抑えて長めに体を動かす有酸素運動で脂肪を燃やすことができます。手軽なところではウォーキングや自転車などですね。


体脂肪とうまく付き合っていますか?ダイエットをするのにもやみくもに体重を減らせば良いというわけではありません。ポイントは体脂肪です。
体脂肪には、皮下脂肪、内臓脂肪、血中脂肪などがありますが、ダイエットをしている女性が落としたいのは皮下脂肪でしょう。
体脂肪は不要なものと思っている人もいるようですが、エネルギーの貯蔵、体温維持、ホルモンバランスの調整などの役割がある、大切なものなのです。
また、遺伝による体脂肪の増加も見逃せません。ある調査では、父親だけが太っている場合は4割、母親だけが太っている場合は6割の確率で子供も太っているという結果があります。もっとも、これはその家の食生活も関係していますが。
体脂肪が増える原因として、必要以上なエネルギーの摂取があります。これは、脂肪分の多い食品だけでなく、糖類の多い食品なども大きく関係してきます。
それでは、体脂肪が増えるのは何が原因になるのでしょう?通常は脂肪分の多い食品が体脂肪の原因になると考えられますが、実はそれだけでもないのです。
太っているかどうかは、見た目よりも体脂肪がどれだけついているかを知ることが大切です。体脂肪率は、男性で10~20%、女性で20~30%が標準体型と言われています。
体脂肪率を計るためには体脂肪計を使います。電気抵抗を使って計るので、見た目にはわからない、隠れ肥満も発見することができます。
スリムに見えても、実は骨が細くて意外と脂肪が付いていたなんていうこともあります。また、気を付けなければいけないのはメタボリックシンドロームの原因にもなる内臓脂肪型の肥満です。
体脂肪率を燃やすにはウォーキングなどの心拍数を抑えた運動を20分以上続けるようにします。目安としては話をしながら続けられる程度の強度です。
脂肪を落としやすくするサプリメントとして、マティンも人気があります。マティンは昔からマテ茶として飲用されて来ましたが、食事の前に摂ると食欲を抑え、脂肪の分解を助ける効果があります。
肥満解消をしようとして、必要以上に脂肪摂取を制限すると、脂肪に含まれるビタミンAやコエンザイムQ10などが不足しますし、亜鉛やミネラルも足りなくなりがちなので、バランスの良い食事を心がけましょう。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。