スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

見た目にはわからない、内臓脂肪が多い場合は注意が必要です。メタボリックシンドロームと言われ、様々な病気の原因になるため治療の対象になります。


体脂肪とうまく付き合っていますか?ダイエットをするのにもやみくもに体重を減らせば良いというわけではありません。ポイントは体脂肪です。
体脂肪を落としたいというと、一般的には皮膚の下に付いている皮下脂肪のことを指しているようですが、皮下脂肪は内臓脂肪に比べて付きやすく落ちにくいという特徴があります。
体脂肪は不要なものと思っている人もいるようですが、エネルギーの貯蔵、体温維持、ホルモンバランスの調整などの役割がある、大切なものなのです。
また、体内の脂肪細胞のサイズは中年になると大きくなりやすい傾向にあります。中年太りは運動量の低下と脂肪細胞のサイズが原因と言えるでしょう。
体脂肪は、単純に消費エネルギーが摂取エネルギーより少ないと余った分が体に蓄積されることによって増えていきます。
それでは、体脂肪が体に増えてしまうのは、何が原因でしょうか?やはり、脂肪分の多い食事は体脂肪が付きやすくなりますが、それだけでもありません。
体脂肪を減らす必要があるかどうかは、見た目だけでなく体脂肪率がどれくらいあるかを見ます。また、BMIという体格指数を計算して、20%以上の場合は体脂肪を減らす必要があります。
体脂肪率はある程度継続して計る必要があります。体重とちがって、その日の状態によって数値が変動するため、昨日より少ない数値が出ても実際は減っていなかったということもあるのです。
スリムに見えても、実は骨が細くて意外と脂肪が付いていたなんていうこともあります。また、気を付けなければいけないのはメタボリックシンドロームの原因にもなる内臓脂肪型の肥満です。
体脂肪を落とすのに有効な運動にはウォーキングなどの有酸素運動がありますが、基礎代謝を増やすためにも適度な筋肉をつけることも大切です。
サプリメントを使って、効率の良いダイエットをするのも良いでしょう。天然成分のカプサイシンなどは脂肪燃焼を促進する働きがあるので、有酸素運動の効果も高まります。
もし、健康に不安がある場合は運動を始める前やサプリメントを摂る前に医師に相談をしてみましょう。特に心臓に負担がかかる運動の場合は注意が必要です。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。