スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪率はある程度継続して計る必要があります。体重とちがって、その日の状態によって数値が変動するため、昨日より少ない数値が出ても実際は減っていなかったということもあるのです。


体脂肪を減らして、体重はそのままにしたい・・・。ダイエットをしている人でも、単にやせるのではなく、体脂肪を意識する人が多くなりました。
体脂肪というのは、その名前の通り体内に蓄積された脂肪のことで、つく場所によって区別されています。
体脂肪は不要なもののような扱いをされていますが、実は大切な役割があります。皮下脂肪は、断熱効果が高いため体温を逃がさなくしており、特に女性が妊娠に備えて体を冷やさないようにするためには欠かせないものです。
また、体脂肪が増えるのには脂肪細胞の数が増加することがあります。ミルクで育つ乳児期や思春期に脂肪細胞は増えやすいので、この時期に太るとやせるのが難しくなります。
体脂肪は1日のうちで消費するエネルギーより取り入れるエネルギーが多いと、余分なエネルギーが脂肪細胞に蓄えられて増えていくのです。
では、体脂肪はどのようにして体に蓄積されるのでしょう?一般に知られているのは油っこいものを食べ過ぎると体脂肪が増えると思われているようですが、それ以外にも気をつけることがありそうです。
肥満かどうかは、見た目だけではわからないので体脂肪率を計ることが大切です。標準の体脂肪率は男性と女性によって違いますが、それぞれ10~20%と20~30%と言われます。
体脂肪率を計るには、時間帯にも気をつけましょう。食事をしたばかりや、激しい運動をした後では正しい数値は出ません。また、毎日同じ時間に計ることが大切です。
見た目にはやせているのに、体脂肪率が高い人もいます。これは、最近注目されているメタボリックシンドロームで内臓脂肪型の肥満状態で様々な病気の原因になってしまいます。
体脂肪を落とすには、適度な食事制限に運動を加えることが大切です。心拍数を抑えて長めに体を動かす有酸素運動で脂肪を燃やすことができます。手軽なところではウォーキングや自転車などですね。
脂肪燃焼をサポートするサプリメントしてはLカルニチンがあります。体内で合成される成分ですが、年齢と共に少なくなるので補ってあげます。ただし、1日の摂取量を守ることと、妊娠中は服用しないようにしましょう。
無理な食事制限でのダイエットをしていると、確かに体重は落ちますが、実は体脂肪ではなく筋肉が少なくなっているのです。当然、基礎代謝量が下がりますから、自らリバウンドしやすい体を作っているようなものなのです。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。