スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪はそう簡単には減りませんが、まず自分の体脂肪率を知ることから始めましょう。もし、あなたの体重が60kgで体脂肪率が30%なら、18kgの脂肪が付いているということです。

体脂肪を減らして、体重はそのままにしたい・・・。ダイエットをしている人でも、単にやせるのではなく、体脂肪を意識する人が多くなりました。
体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、皮下脂肪は内臓脂肪に比べて蓄積しやすく落ちにくいので、厄介なものです。
体脂肪=悪者というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。元来、体脂肪は私たちが栄養分を蓄えておくためになくてはならないものだったのです。
また、体脂肪が増える原因として脂肪細胞の数が増えることと脂肪細胞のサイズが大きくなることがあります。特に中年になると脂肪細胞のサイズが大きくなりやすい傾向があります。
体脂肪が付く原因には、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスがくずれることがあります。1日に必要なカロリー以上に、摂取カロリーが上回ると消費しなかった分が体内に蓄積されて体脂肪になるのです。
では、体脂肪が増えるというのは、ただ単に脂肪分の多い食品を食べることが原因になるのかというと、そうとも言えないようです。
体脂肪を減らす必要があるかどうかは、見た目だけでなく体脂肪率がどれくらいあるかを見ます。また、BMIという体格指数を計算して、20%以上の場合は体脂肪を減らす必要があります。
体脂肪計を使って体脂肪を計るには、姿勢に気をつけることが大切です。当然ながら素手、素足で計測するのですが、服もなるべく薄着にします。また、足で測るタイプの場合は計測中に足踏みをしないようにします。
やせているように見えても体脂肪率が高い場合には、内臓脂肪が多いメタボリックシンドロームの可能性があるので注意が必要です。このままでは様々な成人病の原因になってしまいます。
体脂肪を燃やす運動というと、ウォーキングなどの有酸素運動ですが、食べても太らない体を手に入れるには適度が筋肉をつけて基礎代謝を上げるようにすると寝ている間にも脂肪を燃焼できるようになります。
体脂肪を燃やしやすくするサプリメントもあります。特に、Lカルニチンが不足すると脂肪が燃焼しにくくなるのですが、加齢と共に体内で作られにくくなるのでサプリメントで補う必要があります。
無理な食事制限でのダイエットをしていると、確かに体重は落ちますが、実は体脂肪ではなく筋肉が少なくなっているのです。当然、基礎代謝量が下がりますから、自らリバウンドしやすい体を作っているようなものなのです。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。