スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪を燃やしやすくするサプリメントもあります。特に、Lカルニチンが不足すると脂肪が燃焼しにくくなるのですが、加齢と共に体内で作られにくくなるのでサプリメントで補う必要があります。

体脂肪を意識したダイエットに取り組む人が増えています。ダイエットで大切なのは、ただ体重を落とすだけではなく体脂肪率が大事なのです。
体脂肪もつく場所によって皮下脂肪と内臓脂肪に分けられますが、見た目を左右しているのは皮膚の下につく皮下脂肪ですね。
体脂肪のうち皮下脂肪が女性に多いのは、体を冷やさないようにするためや、母乳のエネルギー源としての役割があるためです。
また、体内の脂肪細胞のサイズは中年になると大きくなりやすい傾向にあります。中年太りは運動量の低下と脂肪細胞のサイズが原因と言えるでしょう。
体脂肪は、脂肪分の多い食事だけでなく、糖分を摂り過ぎる事も原因になります。お米や菓子類が多い食事のパターンの人は注意が必要です。
では、体脂肪が体に付くのは何が原因なのかについても考えてみたいと思います。通常、脂肪分の多い食品を食べることで体脂肪が増えると思われていますが、それだけではありません。
肥満かどうかは、見た目だけではわからないので体脂肪率を計ることが大切です。標準の体脂肪率は男性と女性によって違いますが、それぞれ10~20%と20~30%と言われます。
体脂肪計を使って体脂肪を計るには、姿勢に気をつけることが大切です。当然ながら素手、素足で計測するのですが、服もなるべく薄着にします。また、足で測るタイプの場合は計測中に足踏みをしないようにします。
見た目にはやせているのに、体脂肪率が高い人もいます。これは、最近注目されているメタボリックシンドロームで内臓脂肪型の肥満状態で様々な病気の原因になってしまいます。
体脂肪は有酸素運動で燃やすことができます。さらに、食べても太りにくい体質を作るのなら、筋肉を増やす運動も取り入れて基礎代謝量のアップを目指しましょう。
また、体脂肪を落とすためのサプリメントもあるので、運動と併用することでダイエット効果も高まります。ただ、中には心臓に負担がかかるなど副作用があるものもあるので気をつけましょう。
体脂肪を落とそうとして、無理な食事制限をすると、脂肪よりも先に筋肉がエネルギーとして使われます。結果として基礎代謝が落ち、カロリーを消費しない体になってしまうのです。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。