スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

サプリメントを使って、効率の良いダイエットをするのも良いでしょう。天然成分のカプサイシンなどは脂肪燃焼を促進する働きがあるので、有酸素運動の効果も高まります。

体脂肪とうまく付き合っていますか?ダイエットをするのにもやみくもに体重を減らせば良いというわけではありません。ポイントは体脂肪です。
体脂肪というとすぐに思い浮かぶのは、皮膚の下に付く皮下脂肪ですが、それ以外にも内臓脂肪や血中脂肪などがあります。見た目に太ったというのは、皮下脂肪が付いた状態ですね。
体脂肪は不要なもののような扱いをされていますが、実は大切な役割があります。皮下脂肪は、断熱効果が高いため体温を逃がさなくしており、特に女性が妊娠に備えて体を冷やさないようにするためには欠かせないものです。
特に、学生のころに体育会系だった人が、会社に入って運動はしなくなったのに食事量が変わらない場合は、顕著に体脂肪が増えてしまいます。
体脂肪は、脂肪分の多い食事だけでなく、糖分を摂り過ぎる事も原因になります。お米や菓子類が多い食事のパターンの人は注意が必要です。
それでは、体脂肪はどのようにして私たちの体に付くのでしょうか?体脂肪は、一般的に脂肪分を食べることで増えると思われていますが、そうとも限りません。
ダイエットに取り組む場合は、まず自分の体脂肪率を知ることが大切です。もしかしたら、あなたが思っているより太ってないかもしれませんし、その反対かも知れません・・・。
体脂肪率を計るのは体脂肪計を使うわけですが、メーカーや形式によって多少数値に違いが出ます。また、計測するのは毎日同じ時間にすることがポイントです。これは体の水分や血流の状態が時間によって変わるためです。
見た目が細いのに、体脂肪率が高い人で気を付けなければいけないのは内臓脂肪です。これはメタボリックシンドロームの原因で様々な病気を引き起こすことになります。
体脂肪を燃やす運動というと、ウォーキングなどの有酸素運動ですが、食べても太らない体を手に入れるには適度が筋肉をつけて基礎代謝を上げるようにすると寝ている間にも脂肪を燃焼できるようになります。
脂肪を落としやすくするサプリメントとして、マティンも人気があります。マティンは昔からマテ茶として飲用されて来ましたが、食事の前に摂ると食欲を抑え、脂肪の分解を助ける効果があります。
体脂肪を落とそうとして、過度な食事制限をするのは止めましょう。脂肪よりも先に筋肉が落ちるので、カロリーを消費しない体になってしまいます。その状態で食事量を元に戻すと当然ながらリバウンドになるわけです。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。