スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪はそう簡単には減りませんが、まず自分の体脂肪率を知ることから始めましょう。もし、あなたの体重が60kgで体脂肪率が30%なら、18kgの脂肪が付いているということです。

体脂肪って不思議なものです。必ずしも見た目の体型と、体脂肪率は一致していないのです。
体脂肪というとすぐに思い浮かぶのは、皮膚の下に付く皮下脂肪ですが、それ以外にも内臓脂肪や血中脂肪などがあります。見た目に太ったというのは、皮下脂肪が付いた状態ですね。
体脂肪=悪者というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。元来、体脂肪は私たちが栄養分を蓄えておくためになくてはならないものだったのです。
よく、学生時代にラグビーをやっていたという男性が会社に入ったとたんに太ってしまうのは、運動量が減っているのに食べる量が変わっていないことが原因です。
体脂肪は、脂肪分の多い食事だけでなく、糖分を摂り過ぎる事も原因になります。お米や菓子類が多い食事のパターンの人は注意が必要です。
では、体脂肪は何が原因で体に蓄積していくのでしょう?一般的に脂肪分を多く摂ることで体脂肪が増えると思われていますが、必ずしもそれだけではありません。
肥満かどうかは、見た目だけではわからないので体脂肪率を計ることが大切です。標準の体脂肪率は男性と女性によって違いますが、それぞれ10~20%と20~30%と言われます。
体脂肪率を計るときに気をつけることとして、多少数値が変わったからと言って一喜一憂しないということがあります。というのも、体脂肪はその日の体の状態によって変動しやすいためです。
見た目にはわからない、内臓脂肪が多い場合は注意が必要です。メタボリックシンドロームと言われ、様々な病気の原因になるため治療の対象になります。
体脂肪率を燃やすための運動は短時間で激しいものではいけません。これでは血液中の糖分が使われるだけなので、脂肪を燃やすためにはできるだけ長時間、毎日か1日置きのウォーキングなどが有効です。
運動と合わせて、サプリメントを利用することで脂肪燃焼の効果を高めることもできます。ビタミンBは糖分や脂肪をエネルギーに変える働きがありますが、体内に貯めておけないので不足しがちなのです。
もし、健康に不安がある場合は運動を始める前やサプリメントを摂る前に医師に相談をしてみましょう。特に心臓に負担がかかる運動の場合は注意が必要です。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。