スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

肥満かどうかは、見た目だけではわからないので体脂肪率を計ることが大切です。標準の体脂肪率は男性と女性によって違いますが、それぞれ10~20%と20~30%と言われます。

体脂肪とうまく付き合っていますか?ダイエットをするのにもやみくもに体重を減らせば良いというわけではありません。ポイントは体脂肪です。
体脂肪のうち、ダイエットをしている女性などが落としたいのは皮下脂肪でしょう。ただ、皮下脂肪は内臓脂肪に比べると付きやすいのに落ちにくいという特徴があるのでなかなか厄介です。
体脂肪はやみくもに落とせば良いというものではありません。例えば、皮下脂肪には女性が妊娠に備えて体を冷やさないようにしたり、授乳のためのエネルギー源としての役割があったりします。
また、体脂肪が増えるのには脂肪細胞の数が増加することがあります。ミルクで育つ乳児期や思春期に脂肪細胞は増えやすいので、この時期に太るとやせるのが難しくなります。
体脂肪が付く原因は、炭水化物、脂質、たんぱく質などの栄養素を必要以上に摂ることにあります。
では、体脂肪は何が原因で体に蓄積していくのでしょう?一般的に脂肪分を多く摂ることで体脂肪が増えると思われていますが、必ずしもそれだけではありません。
体脂肪を減らす必要があるかどうかは、見た目だけでなく体脂肪率がどれくらいあるかを見ます。また、BMIという体格指数を計算して、20%以上の場合は体脂肪を減らす必要があります。
体脂肪率は、測定する機器によって計測方法が違うため、測定値にも違いが出ます。ですから、同じ機器を使って計測を続けることが必要なのです。
見た目にはやせているようでも体脂肪率が高い言う人は、内臓脂肪が多い可能性があります。内臓脂肪が増えると高脂血症や動脈硬化を引き起こす原因になります。
体脂肪を落とすのに有効なのは有酸素運動です。ウォーキングや自転車なら、新しく道具を買うこともなく気軽に始められます。ポイントは無理をせずに、体質改善のつもりで気長に取り組むことです。
脂肪を落としやすくするサプリメントとして、マティンも人気があります。マティンは昔からマテ茶として飲用されて来ましたが、食事の前に摂ると食欲を抑え、脂肪の分解を助ける効果があります。
もし、健康に不安がある場合は運動を始める前やサプリメントを摂る前に医師に相談をしてみましょう。特に心臓に負担がかかる運動の場合は注意が必要です。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。