スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪率は、測定する機器によって計測方法が違うため、測定値にも違いが出ます。ですから、同じ機器を使って計測を続けることが必要なのです。

体脂肪とうまく付き合っていますか?ダイエットをするのにもやみくもに体重を減らせば良いというわけではありません。ポイントは体脂肪です。
体脂肪のうち、ダイエットをしている女性などが落としたいのは皮下脂肪でしょう。ただ、皮下脂肪は内臓脂肪に比べると付きやすいのに落ちにくいという特徴があるのでなかなか厄介です。
体脂肪=悪者というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。元来、体脂肪は私たちが栄養分を蓄えておくためになくてはならないものだったのです。
また、体脂肪が増えるのには脂肪細胞の数が増加することがあります。ミルクで育つ乳児期や思春期に脂肪細胞は増えやすいので、この時期に太るとやせるのが難しくなります。
体脂肪が増えてしまうのは、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ってしまうことが原因になります。余分なエネルギーが内臓の周囲や皮下の脂肪細胞に蓄えられていくのです。
それでは、体脂肪が体に付く原因を知っていますか?油っこいものを食べると体脂肪がつきやすいのは当然ですが、それだけでもなさそうです。
体脂肪を落とすためには、まず自分の体脂肪率を知ることが必要です。男性で10~20%、女性で20~30%が標準と言われています。
体脂肪計を使って体脂肪を計るには、姿勢に気をつけることが大切です。当然ながら素手、素足で計測するのですが、服もなるべく薄着にします。また、足で測るタイプの場合は計測中に足踏みをしないようにします。
見た目にはやせているのに、体脂肪率が高い人もいます。これは、最近注目されているメタボリックシンドロームで内臓脂肪型の肥満状態で様々な病気の原因になってしまいます。
体脂肪を燃やす運動というと、ウォーキングなどの有酸素運動ですが、食べても太らない体を手に入れるには適度が筋肉をつけて基礎代謝を上げるようにすると寝ている間にも脂肪を燃焼できるようになります。
また、体脂肪を落とすためのサプリメントもあるので、運動と併用することでダイエット効果も高まります。ただ、中には心臓に負担がかかるなど副作用があるものもあるので気をつけましょう。
ダイエットの最大の敵であるリバウンドは、極度な食事制限が原因になります。体内に栄養が入ってこないと体が非常事態だと認識して脂肪を蓄えておこうとします。そして筋肉をエネルギーに変えていくので、結果として基礎代謝が少ない体になってしまうのです。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。