スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪は、脂肪分の多い食事だけでなく、糖分を摂り過ぎる事も原因になります。お米や菓子類が多い食事のパターンの人は注意が必要です。


体脂肪を意識したダイエットに取り組む人が増えています。ダイエットで大切なのは、ただ体重を落とすだけではなく体脂肪率が大事なのです。
体脂肪もつく場所によって皮下脂肪と内臓脂肪に分けられますが、見た目を左右しているのは皮膚の下につく皮下脂肪ですね。
体脂肪はやみくもに落とせば良いというものではありません。例えば、皮下脂肪には女性が妊娠に備えて体を冷やさないようにしたり、授乳のためのエネルギー源としての役割があったりします。
また、体脂肪が付きやすい食事の仕方というのもあります。食事の時間がばらばらだったり、昼食を抜いたりという不規則なパターンだと、次にいつエネルギー源が入ってくるかわからないので、体が貯めておこうとするのです。
体脂肪が付く原因は、炭水化物、脂質、たんぱく質などの栄養素を必要以上に摂ることにあります。
それでは、体脂肪の付き方はどのようにして蓄積して行くのでしょうか?実は、脂肪分を摂る事だけが体脂肪の原因ではないのです。
体脂肪はそう簡単には減りませんが、まず自分の体脂肪率を知ることから始めましょう。もし、あなたの体重が60kgで体脂肪率が30%なら、18kgの脂肪が付いているということです。
体脂肪率を計るには、時間帯にも気をつけましょう。食事をしたばかりや、激しい運動をした後では正しい数値は出ません。また、毎日同じ時間に計ることが大切です。
いわゆる「隠れ肥満」のタイプの人は自分の自覚がないため、注意が必要です。これ以上の脂肪を付けない様に、食生活や運動不足に気をつけましょう。
体脂肪を落とすのに有効なのは有酸素運動です。ウォーキングや自転車なら、新しく道具を買うこともなく気軽に始められます。ポイントは無理をせずに、体質改善のつもりで気長に取り組むことです。
有酸素運動と合わせて、体脂肪を落としやすくするサプリメントを使うことも有効です。例えば、唐辛子などに含まれるカプサイシンは天然のダイエットサプリメントとしてお勧めです。
体脂肪を落とそうとして、極度な食事制限をするのは止めましょう。筋肉が落ちて、基礎代謝が少ない体になる上に、ストレスでドカ食いをしたらリバウンドをするのは当たり前です。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。