スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪もつく場所によって皮下脂肪と内臓脂肪に分けられますが、見た目を左右しているのは皮膚の下につく皮下脂肪ですね。

体脂肪を減らすためのサプリメントや運動器具など、様々な製品が販売されていますが、それらは本当に体脂肪を減らすのに効果があるのでしょうか。
体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、皮下脂肪は内臓脂肪に比べて蓄積しやすく落ちにくいので、厄介なものです。
体脂肪はやみくもに落とせば良いというものではありません。例えば、皮下脂肪には女性が妊娠に備えて体を冷やさないようにしたり、授乳のためのエネルギー源としての役割があったりします。
よく、学生時代にラグビーをやっていたという男性が会社に入ったとたんに太ってしまうのは、運動量が減っているのに食べる量が変わっていないことが原因です。
体脂肪が付く原因には、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスがくずれることがあります。1日に必要なカロリー以上に、摂取カロリーが上回ると消費しなかった分が体内に蓄積されて体脂肪になるのです。
それでは、体脂肪の付き方はどのようにして蓄積して行くのでしょうか?実は、脂肪分を摂る事だけが体脂肪の原因ではないのです。
体重が変わらなくても、実は筋肉が落ちて変わりに脂肪がついていたということもありますから、ダイエットは見た目よりも体脂肪率に気をつける必要があります。
体脂肪率を計るのは体脂肪計を使うわけですが、メーカーや形式によって多少数値に違いが出ます。また、計測するのは毎日同じ時間にすることがポイントです。これは体の水分や血流の状態が時間によって変わるためです。
やせているように見えても体脂肪率が高い場合には、内臓脂肪が多いメタボリックシンドロームの可能性があるので注意が必要です。このままでは様々な成人病の原因になってしまいます。
体脂肪は有酸素運動で燃やすことができます。さらに、食べても太りにくい体質を作るのなら、筋肉を増やす運動も取り入れて基礎代謝量のアップを目指しましょう。
体脂肪を燃やしやすくするサプリメントもあります。特に、Lカルニチンが不足すると脂肪が燃焼しにくくなるのですが、加齢と共に体内で作られにくくなるのでサプリメントで補う必要があります。
運動をしないで、食事制限だけのダイエットは筋肉量が落ちてしまうため、ダイエットを止めて通常の食事量に戻した際にカロリーの摂取し過ぎの状態になります。これがリバウンドの原因ですね。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。