スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

有酸素運動と合わせて、体脂肪を落としやすくするサプリメントを使うことも有効です。例えば、唐辛子などに含まれるカプサイシンは天然のダイエットサプリメントとしてお勧めです。


体脂肪なんて関係ないと思っていた人でも、ある程度の年齢になるとお腹周りについたお肉がなかなか落ちなくなったりするものです。
体脂肪には、皮下脂肪、内臓脂肪、血中脂肪などがありますが、ダイエットをしている女性が落としたいのは皮下脂肪でしょう。
体脂肪はやみくもに落とせば良いというものではありません。例えば、皮下脂肪には女性が妊娠に備えて体を冷やさないようにしたり、授乳のためのエネルギー源としての役割があったりします。
また、体脂肪が増えるのには脂肪細胞の数が増加することがあります。ミルクで育つ乳児期や思春期に脂肪細胞は増えやすいので、この時期に太るとやせるのが難しくなります。
体脂肪が付く原因としては、食事の摂り過ぎや運動不足があります。つまり、摂取エネルギーに比べて消費エネルギーが少ないと体脂肪に変わるのです。
それでは、体脂肪の付き方はどのようにして蓄積して行くのでしょうか?実は、脂肪分を摂る事だけが体脂肪の原因ではないのです。
太っているかどうかは、見た目よりも体脂肪がどれだけついているかを知ることが大切です。体脂肪率は、男性で10~20%、女性で20~30%が標準体型と言われています。
体脂肪率を計るためには体脂肪計を使います。電気抵抗を使って計るので、見た目にはわからない、隠れ肥満も発見することができます。
体脂肪の中でも気を付けなければいけないのは内臓脂肪です。よく言われるメタボリックシンドロームというのは、内臓脂肪が増えた状態で高脂血症や動脈硬化など様々な病気の原因になります。
体脂肪は有酸素運動で燃やすことができます。さらに、食べても太りにくい体質を作るのなら、筋肉を増やす運動も取り入れて基礎代謝量のアップを目指しましょう。
運動と合わせて、サプリメントを利用することで脂肪燃焼の効果を高めることもできます。ビタミンBは糖分や脂肪をエネルギーに変える働きがありますが、体内に貯めておけないので不足しがちなのです。
無理な食事制限でのダイエットをしていると、確かに体重は落ちますが、実は体脂肪ではなく筋肉が少なくなっているのです。当然、基礎代謝量が下がりますから、自らリバウンドしやすい体を作っているようなものなのです。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。