スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

太っているかどうかは、見た目よりも体脂肪がどれだけついているかを知ることが大切です。体脂肪率は、男性で10~20%、女性で20~30%が標準体型と言われています。


体脂肪を減らして、体重はそのままにしたい・・・。ダイエットをしている人でも、単にやせるのではなく、体脂肪を意識する人が多くなりました。
体脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、皮下脂肪は内臓脂肪に比べて蓄積しやすく落ちにくいので、厄介なものです。
体脂肪は悪者のように思われがちですが、実は大切な役割があるのです。男性に比べて女性に皮下脂肪が多いのは、妊娠に備えて体を冷やさないようにしたり、外からの衝撃から守ったりするためです。
また、体脂肪が増えるのには脂肪細胞の数が増加することがあります。ミルクで育つ乳児期や思春期に脂肪細胞は増えやすいので、この時期に太るとやせるのが難しくなります。
体脂肪が付く原因は、炭水化物、脂質、たんぱく質などの栄養素を必要以上に摂ることにあります。
それでは、体脂肪はどのようにして私たちの体に付くのでしょうか?体脂肪は、一般的に脂肪分を食べることで増えると思われていますが、そうとも限りません。
体脂肪を落とすためには、まず自分の体脂肪率を知ることが必要です。男性で10~20%、女性で20~30%が標準と言われています。
体脂肪率を計るときに気をつけることとして、多少数値が変わったからと言って一喜一憂しないということがあります。というのも、体脂肪はその日の体の状態によって変動しやすいためです。
体脂肪率を計るのが大切なのは、見た目にはわからない内臓脂肪を知るためでもあります。内臓脂肪が増えると、様々な病気の原因になるメタボリックシンドロームの状態といえます。
体脂肪を燃やすための運動としてはウォーキングが一般的ですが、脂肪が燃焼するまでは20分ほどかかると言われます。と言っても15分の運動でもやらないよりは効果があります。
体脂肪を燃やしやすくするサプリメントもあります。特に、Lカルニチンが不足すると脂肪が燃焼しにくくなるのですが、加齢と共に体内で作られにくくなるのでサプリメントで補う必要があります。
体脂肪を落とそうとして、無理な食事制限をすると、脂肪よりも先に筋肉がエネルギーとして使われます。結果として基礎代謝が落ち、カロリーを消費しない体になってしまうのです。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。