スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪率を計るときに気をつけることとして、多少数値が変わったからと言って一喜一憂しないということがあります。というのも、体脂肪はその日の体の状態によって変動しやすいためです。


体脂肪って不思議なものです。必ずしも見た目の体型と、体脂肪率は一致していないのです。
体脂肪とは、体内に蓄積される脂肪のことを言いますが、大きく分けて皮膚の下に付く皮下脂肪と胃や腸の周りに付く内臓脂肪があります。
体脂肪にはエネルギーを貯蓄するという役割がありますが、皮下脂肪は緊急時のエネルギーを蓄えているので燃焼しにくいのです。
また、遺伝による体脂肪の増加も見逃せません。ある調査では、父親だけが太っている場合は4割、母親だけが太っている場合は6割の確率で子供も太っているという結果があります。もっとも、これはその家の食生活も関係していますが。
体脂肪が増えてしまうのは、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ってしまうことが原因になります。余分なエネルギーが内臓の周囲や皮下の脂肪細胞に蓄えられていくのです。
では、体脂肪が増えるというのは、ただ単に脂肪分の多い食品を食べることが原因になるのかというと、そうとも言えないようです。
肥満かどうかは、見た目だけではわからないので体脂肪率を計ることが大切です。標準の体脂肪率は男性と女性によって違いますが、それぞれ10~20%と20~30%と言われます。
体脂肪計を使って体脂肪を計るには、姿勢に気をつけることが大切です。当然ながら素手、素足で計測するのですが、服もなるべく薄着にします。また、足で測るタイプの場合は計測中に足踏みをしないようにします。
やせているように見えても体脂肪率が高い場合には、内臓脂肪が多いメタボリックシンドロームの可能性があるので注意が必要です。このままでは様々な成人病の原因になってしまいます。
体脂肪率を燃やすための運動は短時間で激しいものではいけません。これでは血液中の糖分が使われるだけなので、脂肪を燃やすためにはできるだけ長時間、毎日か1日置きのウォーキングなどが有効です。
サプリメントを使って、効率の良いダイエットをするのも良いでしょう。天然成分のカプサイシンなどは脂肪燃焼を促進する働きがあるので、有酸素運動の効果も高まります。
無理な食事制限でのダイエットをしていると、確かに体重は落ちますが、実は体脂肪ではなく筋肉が少なくなっているのです。当然、基礎代謝量が下がりますから、自らリバウンドしやすい体を作っているようなものなのです。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。