スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

体脂肪は、見た目ではわからない部分にも付きますから、見た目だけではなく体脂肪率を知ることが大切です。体脂肪率は男性で10~20%、女性なら20~30%が標準と言われます。


体脂肪・・・あなたは大丈夫ですか?ダイエットをして体重は減ったのに、体脂肪率が変わっていないようなら、ダイエットの方法を見直す必要があります。ダイエット、簡単に言うな!と言いたい気持ちはわかります。
体脂肪には、皮下脂肪、内臓脂肪、血中脂肪などがありますが、ダイエットをしている女性が落としたいのは皮下脂肪でしょう。
体脂肪は落とせばよいというものでもありません。栄養分を蓄えたり、ホルモンを分泌して食欲を調整したり、代謝の調節をするという大切な役割もあるのです。
特に、学生のころに体育会系だった人が、会社に入って運動はしなくなったのに食事量が変わらない場合は、顕著に体脂肪が増えてしまいます。
体脂肪は、単純に消費エネルギーが摂取エネルギーより少ないと余った分が体に蓄積されることによって増えていきます。
では、体脂肪は何が原因で体に蓄積していくのでしょう?一般的に脂肪分を多く摂ることで体脂肪が増えると思われていますが、必ずしもそれだけではありません。
体重が変わらなくても、実は筋肉が落ちて変わりに脂肪がついていたということもありますから、ダイエットは見た目よりも体脂肪率に気をつける必要があります。
体脂肪率は、体重とちがって計測時の体の状態によって数値が変動します。ですから、多少のちがいに一喜一憂せずに、継続して計ることが必要です。
体脂肪率を計るのが大切なのは、見た目にはわからない内臓脂肪を知るためでもあります。内臓脂肪が増えると、様々な病気の原因になるメタボリックシンドロームの状態といえます。
体脂肪は有酸素運動で燃やすことができます。さらに、食べても太りにくい体質を作るのなら、筋肉を増やす運動も取り入れて基礎代謝量のアップを目指しましょう。
体脂肪を効率よく燃やすために、サプリメントで補うのも有効です。基礎代謝を上げる、コレステロールを抑制する、食事の糖質をカットするなど様々な効果があるサプリメントが販売されています。
体脂肪を落とそうとして、無理な食事制限をすると、脂肪よりも先に筋肉がエネルギーとして使われます。結果として基礎代謝が落ち、カロリーを消費しない体になってしまうのです。

スポンサーサイト
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
アドパートナー
プロフィール

はいろーらー

Author:はいろーらー
こんにちは、食べるのも飲むのも大好きなバツ①独身、ぽっちゃり君です。どうぞお見知りおきを...

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のトラックバック
アクセスアップ
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。